ITスペシャリストになりたい

ITに憧れる文系学生が、学んだことについて雑に書いていきます。

開発、貧困の定義

成長......量的な拡大(GDPなど)

開発......非数量的な変化を含む

 

絶対的貧困は生活に必要な最低限のものを手に入れる収入水準にいたっていない状態。

 操作的定義

  貧困線(poverty threshold)

   最低限を手に入れる収入水準。嗜好品に振り分けられる収入は存在しない。

相対的貧困はその「地域」の中で「恥ずかしくない」生活をする収入水準にいたっていない状態。

 

貧困概念

 相対的剥奪(deprivation)

  人々が社会で標準的に手に入れられる水準にアクセスできない状態。

 

 潜在能力(capability)

  潜在的にどのような行動をとることができ、何を達成できる可能性を持つかに関する集合体。(開発はどれだけの金銭があるかではなく、どのような潜在能力を持っているかで評価されるべき)

 

学問分野

 開発経済学...貧しい国の特徴的な経済社会現象を個人合理性の観点から理解(ハード面)

 開発社会学...都市開発、教育開発、人間開発など(ソフト面)

 開発地理学...①開発における空間パターン②開発の地理的原因と帰結

 

地域分類

 等質地域(均質的な性格の空間によって形成される地域)

 機能地域(特定の機能によって結び付けられた地域)

 形式地域(なんらかの便宜上、形式的に設定された地域)

 実質地域(実質的な機能に基づいて設定された地域)

 

 

構造的暴力に興味があるので地域開発についても学んでみようと思いました。